事業報告

エコノミー症候群対策事業in気仙沼

プロジェクト
~パワーアップ・ジャパンfrom Tokyo 平成28年度~
イベント名称
エコノミー症候群対策事業in気仙沼
開催日
2016年11月11日(土)、12日(日)

2016年度パワーアップジャパン from Tokyo 被災地復興支援の第6弾として、宮城県気仙沼市の面瀬公民館・面瀬小学校体育館で「エコノミー症候群対策事業in気仙沼」を開催しました。講師として、大西一平氏・土井龍雄氏・植田実穂氏の3名を迎え、気仙沼市内から69名が参加しました。初めに平均寿命が延び、歩行寿命が短いことや要介護者が増加傾向にある現状、運動不足による疾患などに対して、歩くことや筋力が重要であるという説明がありました。また、実際に身体を動かして自分で体感する場面が多くあり、講師からの指示やポイントを聞き、声を出しながら取り組んでいました。最後は、映像を見ながらトレーニングや複雑な動きを体感していました。参加者の真剣に話を聞く姿や元気な笑顔が見られました。最後の挨拶として大西氏より、本事業で学んだことを身近な人たちに広める人になって欲しいとのメッセージが伝えられ閉会しました。


アスリートコメント

大西一平(一般社団法人OVAL HEART JAPAN)

Q今回イベントに参加してみての感想をお聞かせください
A中新性の高い健康志向型高齢者の集まりということもあって、積極的な受講姿勢が見られました。自分自身の学びだけではなく、歩くことに対する基本原理や最後まで歩くための体づくりなど広く広げるための姿勢が強く、積極的でした。
Q今後の被災地復興支援に対する考えや抱負を教えてください
A活動全体の認知度が低く参加者は期待を下回るものでありました。事前の地域との準備や、その後の生かし方など、もう少し時間をかけ、イベント事態の実質的な事業目的達成へ執着心を持って、それぞれの立場の皆さんが取り組まなければならないと思いました。
Qエコノミー症候群対策事業in気仙沼の参加者及び被災地の方へのメッセージをお願い致します
A寒い中、長時間にわたり今期のいるものとなりましたが、健康に対する好奇心がより燃え滾るように寒さを吹き飛ばす情熱が伝わってきました。継続するチャンスさえあれば、今回ご参加された皆さんは、地域における健康リーダーになりうる重要な位置にいらっしゃいます。是非、寒さなどに負けず「継続」を強い意志をもって信念としていただきたいと思います。

土井龍雄(ダイナミックスポーツ医学研究所副所長)

Q今回イベントに参加してみての感想をお聞かせください
A私たちができることは小さいので、このような事業でバックアップしていただけるのはとてもありがたいです。イベントのみではなく、成果を出すための普及事業にも協力していただきたいです。
Q今後の被災地復興支援に対する考えや抱負を教えてください
Aとくに被災地では、若い世代が移住し高齢者比率が高い地域が多いので、他の地域よりも「歩く人。」のプログラムが必要であると考えています。昨年からインストラクター養成を開始したので、今後は、養成されたインストラクターの協力も得て、プログラム普及を進めたいと思います。
Qエコノミー症候群対策事業in気仙沼の参加者及び被災地の方へのメッセージをお願い致します
A仮設住宅から復興住宅などへ転居し、新しい環境で生活再建するには、動ける体を保持することが基本です。是非、歩く健康づくりを習慣化して、ご自身とご家族、そして在住するコミュニティの健康度を高めて欲しいと思います。

植田実穂(フリーアナウンサー)

Q今回イベントに参加してみての感想をお聞かせください
Aまだまだ大変な事も多い中、沢山の方が足を運んでくださったことに感謝いたします。地元の皆様からパワーをいただきました。
Q今後の被災地復興支援に対する考えや抱負を教えてください
A歩くことで心も体も元気になる!『歩く人。』への関心が増すことで、沢山の方が集う機会ができ、地域のつながりがさらに強いものとなります。今後、地元の『歩く人。』インストラクターの育成により、継続的に『歩く人。』を増やしていきましょう。
Qエコノミー症候群対策事業in気仙沼の参加者及び被災地の方へのメッセージをお願い致します
A講習中の皆様の笑顔がとても印象的でした。笑顔の時間が少しづつ増え、また、沢山の方へその笑顔が広がることを心から願っています。

参加者コメント

60代 男性
毎日歩いているのですが、ただ歩いてたので明日から歩くことへの参考になりました。基本的に歩き方とか意識して歩くことに対しての自分の意識の仕方が違うと感じました。いつも朝・昼・晩に犬と一緒に歩いているんですけど、どうしても犬のペースに合わせて歩いてしまっているので、その中の一回は自分の歩き方を意識して歩いてみたいと思いました。

70代 男性
二日間参加して歩くことに対して深く理解することができました。自分で行動して、人としての尊厳を保つためには筋力が必要であること、特に下半身の筋力とインナーマッスルを鍛えることをやっていこうと思います。あと、みんなと一緒にやると他人のペースに合わせてしまうから、人をあてにしないで自分のペースで自分のやりたいときにやるのが一番だと思います。やるからには楽しみながら歩いていきたいです。